90年代ファッション好きの過去と現在

お気楽メンズファッション日記

遠くへ行きたくなってきた

今週のお題「遠くへ行きたい」

 

長い自粛だったが6月からはようやく仕事に復帰できる見込み。ゴールデンウィーク後からは週2日だけ出社している。他の職員はほとんど毎日通常通り出社しているようなので、気持ちだけだが肩身が狭いのがストレスだ。妻は家でテレワークしている。自分が自粛している日はバリバリ働き、自分が出社している日は、子供を見なければいけないので仕事のパフォーマンスはだいぶ落ちるが、まあでも少しは仕事もできているらしい。昨日は自分の出社日だった。仕事を終えて帰ろうとすると妻からLINEが。「今日は午後休取ったので私が夕食作ります」と。珍しい。で、家に帰って子供部屋で子供と戯れていると、キッチンの方で妻が料理しながら、誰かと電話で話す声が聞こえる。どうやらスピーカーにして義母と電話をしているようだ。「夏は4人みんなでそっちに帰ろうかなー」夏の帰省の話をしているようだ。家の家族構成を知らない人が聞いたらなんでもない会話だが、私からするとゾっとした。ミステリーだ。妻、長女、次女、長男で4人。俺、入ってねぇじゃん。しかもみんなって。夕飯時に聞いてみる。「4人みんなって俺入ってないじゃん」「一緒に行ってもいいけど、だって仕事休めないでしょ?あたし有給使って10日くらい帰ろうと思ってんだけど」とのこと。あと「みんなってのは全員じゃないから。3人以上でみんなだから、日本語勉強した方がいいよ」だって。いや、まあいつもの時期なら、子供の面倒を見ながら帰省してくれるのはありがたいけれどね。最近出かけてないから私も出かけたいですよ。それにこの2カ月弱、ほとんど私に仕事休ませておいて自分は働いていたくせに、だって仕事休めないでしょ?は酷すぎる。そしてみんなの中に私はいない。まあその場は、そこで話を終えたが夜飲んで酔いが回ってきたら、怒りがこみあげてきて、「みんな 何人から」とかググって泣いた。そして就寝。悪夢でうなされる。そして朝。この気持ちを妻に伝えようかとも思ったがやめてブログに書いた。少し落ち着いた。なんだか遠くへ行きたくなってきた。