90年代ファッション好きの過去と現在

お気楽メンズファッション日記

吊り編み機について

好きなアイテムと着るアイテムは違う

 

洋服の中で1番好きなアイテムと言えばジーンズ、Gジャンとかデニム系なんですが、

1番着るアイテムとなってくると、春秋冬スウェット、夏Tシャツで間違いない。

 

スウェットについてあれこれ

 

家の中&家の半径500メートル圏内では、スウェットパンツ。昔は古着のリバースのチャンピオンとかがんばって履いてましたが、スウェットでがんばるのもなんだかなぁ。

 

最近はユニクロのスウェットパンツばっかり履いています。断然こっちの方が履きやすいね。

 

スウェットパーカー&シャツも好きっす。10年前くらいはNハリウッドのが好きでかなり着てたなー(1番着たのは霜降りグレーのプレーンなジップタイプのパーカー。あとチャンピオンボディでARMYプリントをHAPPYにリメイクしたやつもよく着た)。

 

そういえば今は1着もないな。どこやったっけ?

 

カナダのウィングス&ホーンっていうメーカーのパーカも10年近く愛用したけど、色のフェードがいまいちで、貧乏くさくなったので最近泣く泣く処分した(ファスナーはランポーのダブルジップがついてて、シンプルだったけど凝った作りのいいパーカでした)。

 

で気付いたら、手持ちのスウェットほとんどないじゃん。パンツはまあユニクロのでいいけど、トップスがない。修理が必要な古着とGUで買った化繊感がすごいニルヴァーナのぐらいしか見あたらない。

 

で、なんかいいスウェットパーカー欲しいなーと思ったのがちょうど1年前。やっぱりスウェットといえば、ループウィラーかな。ちょっとカタカナのピスネームに抵抗があって気になってはいたものの手を出したことがない。でも世界一正統なスウェットって試してみたい。でも高えよなぁ。とさんざん逡巡したあげく、セールで半額になってるオレンジ色のパーカーゲット。本当は黒とかグレーとかオートミールが欲しかったけど、プロパーで買う財力と気力はないよね。

 

吊り編み機ってなんだ?

 

でも、昔ながらの吊り編み機で編んだ生地って何がいいんだろ(今さら?)

 

高速で編めるシンカーと、自称違いの分からない男である自分は一体何が違うのかわからない。

 

吊り編み機は生地の重みで編み下げていくから、糸にテンションがかからず、独特のやわらかさがでるとのこと。なんか生地もふわっとしてるけど、説明も負けずにふわっとしてるよねー。

 

吊り編み機で作った度詰めの生地なんてのもどっかで見たな(例えるなら塩だけで食べたいめっちゃいい肉を、あえてすき焼きのたれで煮込んで食べる感じなのかな?)

 

でもシンカーで編んだ生地は縦方向しか伸びないから、横方向に力をかけると破れるけど、吊り編み機は縦横に伸びるから破れにくい丈夫な生地なんだそう。

 

丈夫なのはいいね!わかりやすい長所だ。でもなー。スウェット着てて、最初にダメになるのって、だいたいリブ(横付属)なんだよなー。そこが強くないと、いくらボディが強くても、あんまし意味がないような気もするんだけど。

 

感想

 

で、オレンジのパーカーを着て早1年。

感想は、やっぱいい素材なんだろうなって感じです(ファッション業界に10年以上いた人間の感想とは思えませんが、違いの分からない男の忖度のない感想です。自信を持っておすすめできなくてごめんね)。

 

このオレンジも慣れてくるとエルメスっぽい感じがしなくもなくて気に入っている。 

 

「派手じゃね?」と妻。

「あんね、黒はセールになんないの!」

と力説すると

「偉そうにに言うことじゃないね」

だって。

f:id:JACKYMOUSE:20200223094628j:image