90年代ファッション好きの過去と現在

お気楽メンズファッション日記

RED WING POSTMAN OXFORD/GORE-TEX

気になる新商品

 

どうしてこう、なんか次から次へと、気になるアイテムが出てくるんでしょうねー。

 

レッドウィングのポストマンシューズ(ゴアテックスバージョン!)が3月26日に新発売された。

www.redwingonlinestore.jp

 

本当に好きなのはどれだ?

 

自分のお酒の嗜好の話なんだが、一番好きなのは日本酒、でもコレクションしてるのはウィスキー、でも一番飲むのはビールという、一体本当に大切なのはどれって、自分でもよくわからなくなるんだが、靴もそんな感じで、1番好きなのブーツ、でも1番合わせやすいのは短靴、でも1番履いてるのはスニーカーといった具合だ。結局酒も靴も全般的に好きなのよね。

 

短靴の中でも、究極にオーソドックスでベーシックで合わせやすい靴といえば、ポストマンシューズ(プレーントゥのタイプ)でしょう。誤解を恐れずにいえば、こんな使いやすい普通の顔した靴を私は他に知らない。ジーンズ、チノ、カーゴ、丈の長いパンツに短いパンツ、ワイドからスキニー、何にでも合う。ボトムスタイプ別にシューズを選ばなくても、この1足あればいい。最近人気のGUあたりで出してるシェフパンツにも相性がよさそうだ。料理人と郵便屋さんのフュージョン

 

何でこんなに合わせやすいのかな?ボリュームも主張がないんですよね。好みの問題だけど、ホワイツとかのブーティオックスフォードはゴツすぎるし、レペットみたいなのでは華奢でモードぽいから、ポストマンより合わせられるタイプが限定してしまうと思う。同じボリュームの靴でもドレスシューズになってしまうと、また幅がせまくなる。ワーク靴だけどキレイ目というバランスが、やっぱ素晴らしいと思う。悪く言えばコウモリみたいな立ち位置ですね。わざわざ悪く例える必要ないか。まあ万能選手ってことです。

 

かなり前から、ポストマンには憧れがあって、もちろんレッドウィングのもいいし、昔のROYAL MAILのドクターマーチンのポストマンとかも履いてみたい。予算的にはレッドウィングはお高めだからデッドストックのキャロライナをさがすのもいいかな。でもダナーは好きだけどダナーのポストマンはちょっと嫌だな(理由はないけどなんでだろ?)。でもこんなに欲しいなーと思いつつも1度も買ったことがないのは何故?やはり、単純にお金がないんだな。

 

そして現実に打ちひしがれる

 

今はほとんどスニーカー生活だけど、このくらいライトな短靴なら、スニーカーとスニーカーの間に履いても違和感はないだろうと思われる。だってポストマンというくらいだ。たくさん歩く人のための靴。歩きづらいわけがない。1日1万歩歩く自分のためにあるような短靴ではないのか?しかも自分が履いているスニーカーは防水のものはないので、ゴアテックスなら最高だ。ゴアテックスの靴だとダナーライトのイメージが個人的には強いけどなぁ(ちなみにダナーライトも履いたことがないから履いてみたいブーツだ)

 

このポストマン。でも、高すぎない?ゴアテックスタイプが¥48,400。101の通常タイプが¥38,500。なんか差額でもう1足スニーカーが買えちゃうよね。となるとやっぱ私みたいな貧乏人は101に防水スプレーでもかけとけよって話なのかなー。でもゴアテックスネーム好きなんだよな。女の子がハイブランドにときめく感覚と一緒でゴアテックスにキュンキュンしてしまうんです。我ながらどうかしてるぜ。でも、どっちがいいかあれこれ迷ったところで、101の方も買う余裕なんかないという現実に打ちひしがれるのでした。