90年代ファッション好きの過去と現在

お気楽メンズファッション日記

好きなブランドの条件

1番好きなブランドは古着のリーバイスユニクロなんだが、ミックスするのに取り入れるとしたら、どんなブランドがいいか。そもそも自分が好きなテイストって何だと改めて考えてみる。

 

①カジュアル

ドレスかカジュアルかで言ったら断然カジュアル派。だからカジュアルなブランドが好き。今は大人になったから流石に多分しないけど、長女の100日祝いに写真館で撮った写真を見返すと、娘着物、母スーツ、父古着のボロボロのパーカーというちぐはぐな3人の姿。それがエイトバイテンの大きいサイズで残されているから恥ずかしい。そういえば知人の結婚式もロンTにブラックジーンズとか、完全な普段着で行ったこともあったっけなぁ。今はTPOにあわせて冠婚葬祭はスーツ着るけど、それ以外は常にカジュアル。今後スーツがマストな仕事も選ばないだろうし、いつか高齢者になって介護が必要になったら強制的にジャージかスウェットを着せられちゃうんだろうから、一生カジュアルで間違いない。

 

②ミリタリー・ワーク・アウトドア

元々軍モノやリーバイスとかの古着が好きだからミリタリーやワークテイストが好き。機能的なアウトドアの服も好き。カジュアルの中で嫌いではないけど、逆にそこまで好きじゃないのはスポーツテイスト。だからスポーツテイストを除いたこのカジュアルの3大要素の入ってるブランドが好き。

 

 

④デニム・レザー

素材はデニムとレザーが特に好き。だからデニムとレザーを使ってるブランドが好きだ。見た目は。でも着心地悪いから、実際の着用率は低い。車もバイクも乗らず、せいぜい電動アシストのママチャリしか乗らないけど、ライダースジャケットが好きという偽物の自分。でもそういうフェイクを楽しむのもファッションなんじゃないかなと思ってはいる。本物っぽい趣味からくるファッションというのに憧れはある。好きな音楽からファッションに落としこむとか、スケボーやってますからとか、山登ってますとか。でもそういう趣味が自分は散歩とサウナしかないからファッションには中々落としこみにくい。

 

少数民族系のデザインを取り入れている

毎シーズンでなくとも、少数民族系のデザインを取り入れたりするブランドが好き。少数民族でも、割と普通にあるネイティブ・アメリカン系とかから、アーミッシュとかアイヌ、ミャオ族とかマサイ族などなど、多種多様なものをミックスさせていたら最高だ。

 

⑥リメイクを展開している

毎シーズンじゃなくても、リメイクアイテムを展開しているブランドが好き。90年代後半に女性の先輩がかっこいいファスナーがついたリーバイスのブラックジーンズを穿いてて、いいなと思って素直に『いいですねーそのリーバイス』と言ったら『マルジェラなのーこれ』と、大変失礼なことを言ってしまったことがある。それから他のブランドでも同じくらいかっこいいリメイクを見かけるようになって最近はソロイストとかミヤギヒデタカとかいいの作ってるな〜と思って見てるけど、高すぎて購入には至っていない。

 

⑦少し毒がある

今の自分のワードローブは軍モノ、古着、ユニクロで、シンプル&ベーシックだから、ブランドモノを取り入れるなら、ただかっこいいだけではない毒が欲しくなる。

 

 

というわけで、ひとまずこの全ての条件を満たしていて、たどり着いたブランドはニードルズ。リメイクじゃなくてリビルドだけど、リメイクアイテムもバッチリ作っている。リビルドラインはネルシャツが有名だけど、自分は1番好きなリーバイスの、1番好きな型のサードタイプのGジャンをリメイクしたGジャンを購入。もちろんメルカリで。定価はわからないけど2着買っても、ミヤギヒデタカのGジャンの半値以下なのがうれしい。春はこれにこの間買った+Jのスラックスとレッドウィングのスーパーソールでここ数年の中では、ちょっとだけおしゃれぶって過ごす予定。

 

 

f:id:JACKYMOUSE:20210116093438j:image
f:id:JACKYMOUSE:20210116093441j:image